青汁の種類について

青汁っていろんな種類がありますよね。青汁とは、色々な緑黄色野菜をすりつぶしたもの。と言ってもさまざま。代表的な青汁とその栄養成分をご紹介します。


青汁色々、栄養色々ご紹介。

ケール青汁・・・最も知られている青汁の1つ、ケール青汁。
アブラナ科の野菜を中心に作られています。代表的な栄養成分はビタミンA、Cやミネラル、食物繊維も豊富なのが特徴。体の演繹力アップに効果的。

大麦若葉青汁・・・こちらも人気のある青汁。アクが少なく飲みやすいのが特徴。飲みやすいので子供にもお勧めな青汁。ビタミンミネラルに加えて、酵素などがバランスよく含まれいるのが特徴。
桑の葉青汁・・・ 原料は桑の葉。桑の葉は、古来から生薬としても活躍していた桑の葉。ミネラルのが豊富で、フラボノイドやギャバなどの食物繊維も多く含まれている。血糖値の下げる効能も期待できるため、高血糖の方にもお勧め。
緑茶青汁・・・色々な野菜に加えて緑茶も配合。緑茶配合により、他の青汁と比べてかなり飲みやすい青汁。ビタミンミネラルの他、カテキンなどの栄養成分も含まれる。
いぐさ青汁・・・いぐさと言えば畳の原料で知られていますね。しかしいぐさは古来より生薬としても活躍しており、食物繊維が豊富なため、便秘の方におすすめ。
海草青汁・・・わかめ、こんぶ、もずく、めかぶなどの海草類を原料としたもので、海藻をそのまま食べるよりも消化が良く、ビタミン、ミネラルが体に吸収されやすいのが特徴。
よもぎ青汁・・・冷え性な方、疲れやすい方にお勧め。明日葉青汁・・・明日葉とは、今日摘み取った芽が明日にはまた新芽が出ているという生命力の強い植物。ビタミンミネラルがバランスよく入っていて、飲みやすいのが特徴。
豆乳青汁・・・色々な青汁に加えて豆乳が配合された青汁。豆乳にはたんぱく質や、アミノ酸のリノール酸や脳に必要なレシチン、後代表的はイソフラボンが多く含まれており女性ホルモンのバランスと整えるのに効果的。

ゴーヤ青汁・・・食物繊維、葉酸、カロテン、ビタミン類が多く含まれている青汁。ただ苦味が強いので、飲みやすい野菜の青汁と混ぜて飲むことがお勧め。