神仙桑抹茶ゴールドの原材料は?

神仙桑抹茶ゴールドの原材料は、主には桑の葉と緑茶です。また原料は安心の自社農場で栽培されていてうれしいでよね。


桑の葉

まずは、桑の葉には高い栄養成分が含まれてます。カルシウム含有量は、野菜の中では最も多いとされているモロヘイヤの4/5倍もあるんです。後、鉄分や必須微量金属の亜鉛も多く含まれており、ミネラルたっぷりの桑の葉です。また、血液中の中性脂肪やコレステロールが多過ぎると、動脈硬化を起こしやすくなり、生活習慣病の原因になります。桑の葉には、中性脂肪やコレステロールの生成を抑える効果が期待できますし、肝臓に留まる脂肪やコレステロールを抑制したり、肝臓の機能アップにも働きかけます。桑の葉には、食物繊維が多く、便通をよくしてくれます。また小腸からの過剰な糖吸収を抑えてくれるんです。これはありがたいですよね!


カテキン!!

次はカテキンです。カテキンとは、緑茶の渋み成分がカテキン栄養成分です。名前の由来は、インドが原産国のマメ科の植物「カテキュー」から付いたようです。科学的にカテキンは、フラボノイドといわれる植物の仲間で、日本には中国から漢方薬として持ち込まれたのがカテキンの始まりで、当時からその効果、効能には注目されていました。色々な効果効能がありますが、代表的なのは、体脂肪を燃焼させる効果、殺菌効果、これはインフルエンザが流行する時期には緑茶でのうがいをして、ウィルス感染を防ぐというものです。それ以外にも、強い抗酸化作用で、体内の酸化を防止し、若々しさを保つのに重要な役割を果たしてくれます。後は、糖質を分解する酵素の働きを阻害し、血糖値上昇を抑えてくれます。カテキンは、抗菌効果があり、虫歯菌や口臭の原因となる菌を殺菌してくれます。例えば、生下記などの中りやすい食べ物を食べたときにカテキンが豊富に含まれた緑茶や青汁を飲むと食べ物にもあたりにくくなるので、夏場は特にお勧めですね。