極の青汁とは

サントリー極の青汁とは、青汁に含まれる野菜の摂取量だけに着目せず、その野菜に含まれる栄養素に着目しています。野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維などの多くの栄養素が含まれています。そのビタミン、ミネラル、食物繊維以外にも、野菜ポリフェノール「ケルセチン」という成分に着目しました。この成分は野菜の底力と言っても過言ではありません。極の青汁では、ただ野菜をたくさんとれる、ではなく、野菜の栄養素と質にこだわり作られています。ただ野菜をたくさん取るだけでは、体にとってどの程度、有益かどうかわかりません。その点、極の青汁では、野菜の栄養素、質にこだわり、しっかりと体に栄養補給のできる青汁なので野菜の栄養素、質にこだわりの方にお勧め。後、さすが飲料メーカーのサントリー。極の青汁は他の青汁と比べて群を抜いておいしい青汁です。


極の青汁の原材料は?

すべて国産の原料を使用し、その中でも大麦若葉と、明日葉は選び抜かれた畑で栽培された原料を使用しています。
大麦若葉は、熊本の阿蘇の畑で栽培。明日葉は屋久島と伊豆大島で栽培されています。それぞれに、生産者のこだわりとサントリーのこだわりの農法で栽培され極の青汁になっているのです。


サントリーの青汁。飲料メーカーとしてのおいしさへのこだわり。

飲みやすい、ではなく、飲みたい青汁に。
飲料メーカーのブランドとして、おいしさへのこだわりを極めた青汁です。
サントリー独自の開発で食物繊維をブレンド。素材のおいしさを引き出すため、何回も何回もの配合、味のテストを行い飲みやすい青汁から、飲みたい、だから続けられる青汁に。


飲みやすくするため溶けやすい青汁に

青汁の粉末を溶けやすくする事で、青汁を飲むバリエーションも広がります。水以外でもそのまま牛乳や、ヨーグルトに混ぜて食べれる。癖の少ない青汁で野菜のうまみを引き出した青汁だからこそ、バリエーションも豊富に。簡単に溶けることで手間いらずのだから続けやすい青汁です。