青汁三昧の原料は??

ケール、大麦若葉、ゴーヤ。
まずケールとは、地中海沿岸が原産といわれているアブラナ科の野菜です。キャベツやブロッコリーなどの原種と言われていて、栄養価が高く、生命力も強い野菜なんです。その為栽培方法は簡単でヨーロッパなどでは、家庭菜園でもよく栽培されていて、サラダでも食べられていて、家庭料理に活躍しているんです。日本では、青汁用に栽培されている事が多いようです。


大麦若葉とは、イネ科である大麦の新芽のことです。
大麦若葉には、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。例えば、ビタミンB1はほうれん草の約6.5倍、ビタミンCは役30倍も含まれています。バランスのいい栄養素を摂取する事で新陳代謝を促進する効果が期待できます。代謝機能が促進すると、脂肪が燃焼しやすくなるため、痩せやすい体作りができるのです。されに加えて新陳代謝が上がると、肌のターンオーバーが正常になり、シワやシミなどを改善する効果が期待できます。さらに、大麦若葉には抗酸化作用があるためアンチエイジング効果も。

ゴーヤとは、みなんさんご存知のとおり沖縄のうり科の野菜。(別名にがうり)は、苦味成分のある野菜強い野菜でビタミンCが豊富に含まれる他、苦味成分である、モモルデシノという成分が豊富に含まれていて、食品から発見されたのはゴーヤがはじめてです。またモモルデシノはゴーヤの緑色が濃い方が苦味が強く、モモルデシンも多いといわれています。様々な作用があるとされています。まず、胃腸の粘膜を保護し、食欲不振を改善させる作用です。また、モモルデシンは、20種類のアミノ酸などで構成されている野菜です。


青汁三昧を飲んで。

青汁三昧を飲み始めて3週間になりますが、少しづつ体調の変化があります。便秘症でしたが、便通が改善されたことです。後は、朝起きるのが楽になってきました。(50代 女性)

青汁は飲みにくいと思っていましたが、青汁三昧を飲んでみて驚きました。飲みにくいどころか、抹茶っぽい味がして私は好きな味です。飲みやすいから続けられています。毎朝の習慣になっていてもう飲まずにはいられません。(30代 女性)

肌あれがひどくて悩んでいました。青汁を飲んで効果があるのかな、と半信半疑で飲み始めましたが、1ヶ月したころから肌荒れが改善されてきたんです。うれしいです。低コストなので飲み続けられることも助かっています。(20代 女性)